熊本で浮気調査の費用を検討するときのポイント

探偵とは何をするのか

探偵 熊本

探偵と言うと、シャーロックホームズやフィリップマーロウのようにトレンチコートを着て犯罪を解決したり推理するというイメージがありますが、実際の探偵は人を調べたり探したりすることが主な仕事です。そしてその中のメイン業務の一つとして浮気調査があります。
探偵事務所にもよりますが、一般的には探偵は浮気調査のプロと言えます。
プロが行う浮気調査と言うと、ホテルから出てくるところを隠し撮りした写真などが思い浮かびますが、最終的にそのような証拠が出てくることもありますけれども、大切なことはそれを撮影するに至るまでの調査になります。
この記事では浮気調査の費用について説明をします。探偵の費用というのは主に人件費であり、調査に要した時間によって金額が決まります。そのため浮気の事実の確認もしくはその証拠を取得するまでの間にかかった調査のために要した時間がどれだけかかったかということが大切なポイントとなります。このことは是非頭の中に入れておいてください。

浮気調査を素人が行うかプロが行うか

浮気調査 熊本

浮気調査を行うときのタイミングとしては大きく二つあります。
一つは事実の確認です。 パートナーが浮気をしているかもしれないと疑い始めた時、大変心は落ち着かなくなり苦しくなるでしょう。この苦しみから逃れるためにパートナーが浮気をしているにせよしていないにせよ、はっきりとした事実を確認したいと望むようになります。
もう一つは離婚裁判や慰謝料のためです。もう浮気をしているかどうかが疑わしいという段階を超えて依頼者側が婚姻関係の解消をはっきりと望んでいる時に、 それを裁判で認めてもらうための不貞行為の証拠の取得、その責任関係の所在の明確化やその後の慰謝料の請求など合わせて、裁判所を納得させられるだけの不貞の証拠を取得したいという場合です。
この調査は、素人である依頼者自身が行う場合と、プロである探偵に依頼するどちらのケースも考えられますが、どちらであってもリスクは同じて、ばれてしまうという危険性です。事実確認の段階でパートナーが浮気調査をしているということが相手にバレてしまうと、関係修復ができないぐらいに取り返しがつかない事態になったり、相手の怒りを招いて大喧嘩になってしまうといったリスクが考えられます。離婚準備の場合も同様でしてトラブルがこじれたり証拠隠滅を図られたりする可能性があります。
例えば尾行一つをとっても、ドラマなどでは簡単に行っていますが、実は相当なテクニックが使われています。プロが行うことによりバレルというリスクは大幅に減ることが期待できます。その意味では浮気調査をプロが行う理由があるでしょう。しかし、調査相手は依頼者にとっては生活パターンや性格や仕事や趣味についてよく知っている詳しい人ですが、探偵にとっては最初は赤の他人ですので、全く見知らぬ人をゼロから調べてその人となりや生活パターンを把握するというのは、プロと言えども難しく時間もかかることです。そのため、その部分の調査は素人であるかもしれませんが依頼者自身が行う方が、調査の効率が上がることが期待できます。

探偵の費用の構造

探偵 熊本

前述の通り探偵の費用は主に拘束日数によって決まります。
基本的には基本料金(着手金)+調査費用という構造になっています。そのため調査の時間が長引くと 最終的な請求額がどんどんと膨らんでしまいます。誰しも予算があって金銭の支出を決めているものですから、それが浮気調査であったとしても、自分が支払える金額の条件というものがあり、その中に収めたいと考えるのは自然なことです。しかし探偵の費用というものは、上述の通り調査日数で決まるものであり、調査完了までに何日かかるかというのは事前に確定することができません。探偵は浮気調査のプロでありいくつものケースを見てきているので、依頼者から話を聞いた段階で大まかに何日ぐらいかかりそうだということを頭の中で見積もり、それに基づいて目安となる金額を試算するでしょうけれども、それはあくまで経験からくる目安に過ぎず、その日数の中で確実に調査が終わるといえるものではありません。
ただこれだと予算上限のある依頼者にとっては不安であるために、探偵事務所側で商品の設計としてポッキリ価格を設けたり成果報酬制にしたりするという工夫はあります。しかし、あらかじめ正確なコストが見積もれるわけではないというこの構造には変わりはありません。

自分で下調べをする理由

浮気調査 熊本

探偵を使った浮気調査の費用を事前に見積もることが難しいというのは、この仕事の仕組みに関わる部分であって、探偵事務所が騙そうとかごまかそうとかしているわけではありません。一部にそのような悪徳業者がいる可能性はありますが、それは例外です。結局、不確定な部分のリスクを誰が取るのかという問題であり、それを押し付け合うよりも前に、不確定な部分を事前になるだけ小さくするというほうが合理的です。

不確定な部分を小さくするとは、具体的には依頼者自身が下調べをするということです。

例えば多くの浮気の事例では、浮気相手と密会する時はパターンができています。毎週決まった曜日であったり、出張やイベントにかこつけたりなどです。
それは今までの生活パターンと異なってくるために分かってくるものなのですが、それが分かるのは生活パターンを知っている依頼者自身ということになります。ですので、いきなり相手を問いただしたり決定的な証拠を握ろうとするのではなく、地道な生活パターンの記録というものが最初にやるものとして効果的な方法となります。探偵は浮気調査のプロとはいえ、調査対象者の生活パターンなどは知らないわけですから、もしこのような下調べがなく、丸投げされた状態からゼロから始めるとすれば、調査対象者の生活に丸ごと張り付いて生活パターンを割り出すところから始めなければなりません。これは非常に長い時間とマンパワーを要することになりますし、その時間とマンパワーの費用は請求額に跳ね返ってくることになります。

生活パターンやその乱れが分かってしまえば、逆に今度はプロである探偵の出番となります。いくつものケースを見ている探偵はパターンを読み出すことも、その時にどのようなことを人間がしがちかということも、よく知っています。例えば自動車を日常的によく使う人だったとして、浮気にも自動車を使っている可能性が高いと言った場合はカーナビの履歴や車内に残された痕跡など、調査をするべきポイントを探偵に教えてもらい、さらに決定的な事実を掴むまで確度を高めていくということが可能になります。
このようにして、実際に探偵が稼働する調査期間を短くすることにより、不確定な部分を少なく、 最終的な費用を低く抑えることができます。

熊本で浮気調査の費用を検討するときのポイント

探偵 熊本

浮気調査というものが、その段階で依頼者が精神的に追い詰められた状況になることが多く、 さらにほとんどの人は探偵事務所などとは無縁の生活を今までしてきたことが多いので、信頼できる良い探偵事務所といっても見当もつかないということが普通だと思います。
しかし、上述のようにコスト構造から考えてみると、探偵による浮気調査といえども特におかしな仕事をしているというわけではありません。したがって合理的に費用を削減することができます。
浮気調査の費用を検討するときは、そのような仕組みをちゃんと依頼者に説明し、納得のいくように説明し情報を開示してくれる探偵事務所を探すことが大切なポイントとなります。 また土地勘と稼働時間が重要な要素になりますので、熊本でのパートナーの浮気調査には地元の熊本の探偵事務所を選ぶほうが良いでしょう。