ダイビングを大阪で始めたいと考えているなら

人気レジャーの一つであるダイビング、とても魅力的なそれは多くの人を魅了しています。ここでは大阪でダイビングをしてみたいと考えている人に向けて始め方やダイビングに関する知識について紹介いたします。

ダイビングとはどんなもの?

ダイビング

ダイビングとは別名スキューバダイビング、アクアラングなどとよばれるものです。ボンベの空気を利用して水中に潜り、フィンで海中を進んでいく、そんなレジャーとなっています。水中に滞在できる時間は個人によりますが、潜水深度はライセンスの種類によるなど細かくランク分けがされています。またダイビングにもいくつか種類があり浜辺から潜るビーチダイビング、ボートを利用してスポットに出向いてから潜るボートダイビングがあります。夜間の海の光景を楽しむために夜に潜ったり、また海に限らなかったりとダイビングが自由に楽しむことができるレジャーなのです。さまざまな種類がありますが、いずれも共通することは普段見ることができない水中の光景を楽しめる、というところにあります。

陸上とは全く異なる空間であり、全く異なる生態系がある水中の世界はそう見ることのできない珍しい光景に溢れています。そこを気持よく散策したり、また浮遊感を楽しんだり、水中にいる生物を観察したりと人によって楽しみ方が違います。日本ではいまダイバー人口が飛躍的に増えており、健康な心身があるならば高齢であってもダイビングが楽しむことができるのです。旅行に行った先でダイビングツアーに申し込んだり、近くのダイビングショップを通じてスポットを散策しにいったりと、とても注目されているレジャーとなっています。

一見潜れるような海が近隣にないように感じる大阪にもダイビングショップはあり、関西圏内の美しいダイビングスポットを案内しています。送迎つき、器材レンタルつきで楽しむことができるので、ぜひこれからダイビングを考えているならば問い合わせがおすすめです。ダイビングを通して感じられる魅力一言では言い表せられないもの、そしてその魅力の虜になった人々がダイバーとしてライセンスを取得して、更に自由な遊泳をしています。

ダイビングの始め方

ダイビング

大阪にもあるように、ダイビングショップでは体験ダイビングというものを行っています。ここでは泳げない人もダイビングが可能、インストラクターのサポートの元初めての方でも安心してダイビングが楽しめるようになっています。勿論器材の購入は必要なく、レンタルすることができますのでそれらを利用して近隣の浅瀬に潜りにいくことができます。まだダイビングは一度もしたことがない、そんな場合はまずは体験から初めてダイビングとはどんなものなのかというところを確かめるのがおすすめです。

尚体験ダイビングは本当に限られた範囲の浅瀬のみで行われるので、泳ぎが得意、水に慣れている場合だとやや物足りなく感じる可能性があります。そんな場合はダイバーとしてのスタート地点でもあるCカードの取得がおすすめです。Cカードは体験後に取得を希望することも可能、その場で受講して条件に達することができれば晴れてダイバーデビューすることができます。いきなり受講も可能ですが、Cカード取得にもお金が必要です。そのためまずは体験から始めるのがおすすめ、ダイビングの魅力に触れてからの取得でも遅くはないです。

またダイビングは基本バディシステムとなっていますが、勿論一人での申込も可能です!必要なものは着替えタオルのみ、安心していただくためにも基礎的な知識・技能をレクチャーしてからの潜水なので誰でも安心安全に潜りにいくことができます。勿論ずっとCカードを取得せずに体験だけを行うことも可能、一番自分が楽しめる方法を探して海の魅力に触れていくのがおすすめです。大阪のダイビングショップでは和歌山の美しい海を浅瀬で楽しめる、そんな体験ダイビングの機会を用意しています。

Cカードについて

ダイビング

体験ダイビングでも魅力に触れられますが、やはりそれでは物足りないという人はぜひライセンス講習の受講をおすすめいたします。これは学科試験、海洋実習を受けて一人前のダイバーになるためのプランで、ダイバーとしてのスタート地点でもあります。スタートではありますがこれを取得することによってツアー参加において選択肢がひろがり、色々なスポットに潜りにいくことができるのです。このライセンス講習で取得できるCカード、これを持つことで一人前と認定されます。体験は楽しいですが、それでは到底潜ることができないところまで行くことができるのがCカード取得のダイバーです。

本数を重ねて経験を積んでいけばいくほどに凄い海にも潜ることができるようになり、スポーツ的な要素もあるダイビングを存分に楽しめるようになります。尚、一人前ということは器材を全部揃えるタイミングでもあるというわけではなく、Cカードを取得していても今まで通りレンタル器材を利用することができます。本数が多くてレンタルの方が高くなってしまう、そんな場合は購入を考えるのが推奨されており、それまではレンタルを利用して使い勝手のいい器材を探すのも大事なこととされています。Cカード取得費用はダイビングショップによりますのでまずは問い合わせがおすすめです。

Cカード取得のためにすること

ダイビング

Cカードは学科・実習の受講が必要で、DVDなどを見てまずは座学で器材の装着や技能や知識、そしてトラブルに備えた知識を入れることになります。それで試験を合格したら次はプールでの実習に入り、学科で学んだことを実際にやっていく流れです。勿論プールだけではなく実際に海に入って実習も行われ、合格ラインに達することができれば晴れてダイバーとして一人前という認定を受けることができ、Cカード取得になります。

この流れは最速では二日間で行うことができますが、その前にテキストを読み込むなど、ダイビングショップによってさまざまな勉強方法を提案してくれます。また中にはこれら受講を四日かけるなど、ダイビングショップによって異なるので内容については受講を考えているショップへ問い合わせがおすすめです。また値段もそれぞれで異なります。中には破格で安いダイビングショップもありますがそれだけで選ぶのは危険、きちんと学べて必要な費用が全て含まれているところを選ぶのが大事です。そしてこだわりがある場合は、その団体のカードが取得できるか、というのを調べて受講を考える必要があります。

ダイビングショップのライセンス講習についての欄にそれらは記載されていることが多いので、そこをチェックして受講するショップ選びから始めることになります。大阪にも経験豊富なインストラクターが在籍しており、大手団体のカードが取得できるダイビングショップがあります。ダイビングショップ選びを適切に行うことで今後海に潜る際に不安なくダイビングが可能、それはこれからのダイビングライフが続くかに直結する部分です。色々な海に潜りたい、趣味としてダイビングを長く続けたい場合のためにもCカード取得のダイビングショップ選びをしっかり行い、一人前のダイバーを目指すのを推奨いたします。ダイビングで得られる経験は一言では言えないもの、地球の七割を占める海の世界を楽しみたい、そんな人はぜひダイビングがおすすめです。